タクQを活用すれば理想の職場が必ず見つかる

  1. ホーム
  2. 編集者として働くには

編集者として働くには

書籍

体力の有無が大切

憧れの職業として上位に入る出版業界ですが、新卒だけでなく中途採用なども積極的に行っています。常に新しいことを発信し続ける業界でもありますので、より良い人材を求めているのです。その中で、出版の求人には明記されていないことがあります。それは「体力の有無」です。最近では終電を逃すまで働き続けるという体制の出版社は減ってきていますが、ハードな仕事であることは変わりませんので、体力や気力を常に保ち続けることが出来るということが重要なのです。ただし、定時に帰ることが出来るように配慮している会社も多くありますので、サイトや雑誌の求人情報を細かくチェックして、自分に合っている出版社であるかどうかを見極めましょう。

情報を見逃さない

また、出版社で働きたいと思っている場合には、良い求人情報をきちんとキャッチすることが大切です。求人情報の掲載期間というのは限られていますし、良い求人情報には人が殺到しますので、出来るだけ早めに見つけておき、じっくりと対策を練ることが必要なのです。また、新卒を採用する時期というのは大体決まっているのに対し、中途採用の募集期間というのは特に決まっていませんので、自分が良いと思った出版社があれば、ブックマークしておくと良いでしょう。そこを定期的にチェックして、採用情報が掲載されたと同時に申し込むのです。編集者としての求人意外にも、制作や営業や事務や総務などといった職種での募集をしていることもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加